算命学鑑定 Bluebird

大阪で算命学鑑定をしております

置かれた場所で咲かなかったら?

二、三年くらい前からでしょうか、めっきり化学繊維の衣類に不快感を感じるようになりました。

アウターは良いのですが、直接肌に触れるものが化繊だと気持ち悪いので、インナーは綿100%の物に順番に買い替えています。今のところ、無印良品の天竺編みのTシャツが気に入っています。

 

ネットで検索すると、どうやら年を取ると肌の潤いがなくなってくるので、繊維の刺激に敏感になるらしいということが分かりました。

 

綿製品を色々探しているうちに、そういえば昔は綿が貴重だったという話を思い出し、国内の綿栽培の歴史なども調べてみました。

その結果、日本で綿花の栽培が始まったのは500年くらい前だそうな。

(環境が合っていれば、難なく実る)

もともと綿は熱帯原産の植物なので、古来から色々試行錯誤はしたものの、日本ではなかなか量産することは出来ず、特に東北地方では難しかったようです。

 

そして現在、綿の国内自給率はどのくらいだろう?と気になって調べたら、なんと限りなく0%に近く、ほぼ100%輸入に頼っているそうです。

 

危ないですよね、この状況。

ウクライナ侵攻で、資源や食料を海外に依存するのはとても危険だということを実感しました。社会情勢の悪化で、この先、綿のシャツが手に入らなくなったどうしましょ。(裸族?)

 

それで、綿花に関しては、細々と国内でも栽培しようという試みを始めた人たちもいるようですが、やはり採算や生育の面で色々と難しい点があるようです。

 

一通り綿花栽培について調べた後、なんだか算命学に似てるなと思いました。

 

『置かれた場所で咲きなさい』

最近、置かれた場所で咲きなさいという言葉をよく聞くようになりました。

出典が分からなかったので調べたところ、ノートルダム清心女子大学理事長の渡辺和子さんという方が書かれた本のタイトルのようです。不勉強なのが申し訳ないですが、元々はマザー・テレサの言葉なのかな?

www.gentosha.co.jp

 

本は読んでないので、どんなことが書かれているのか分かりませんが、タイトルだけに言及すると、算命学的には「置かれた場所で咲きなさい」ではダメなんですよ。

 

置かれた場所次第だよね

 

自分が生まれた家庭、地域、人間関係を含む環境、就職した職場などが、たまたま自分に合っていれば、置かれた場所で人生を花開かせることは十分可能でしょう。また、最初は合わないなと思っても、努力する内に花開くこともあるのも事実です。

 

でも、どうにもこうにも全く環境が合ってないが故に、開花できないということは歴然としてあります。

 

命式で言うと、宿命中殺とか、一部の異常干支とか、戌亥・辰巳天中殺、龍高星や天恍星持ちなどです。

 

綿花の歴史を見てください。

綿花栽培は岩手県が北限だそうです。

現在ではその限界を超えた北海道で栽培しようという試みがなされているそうですが、やはり一筋縄では行かない。

そりゃそうです、基本的に綿花はインドなどの暑い地域が適正地なんですから。

 

もし、あなたが綿花の種で、落ちたところが北海道だったら、ふわふわの綿毛を茂らせることは難しいでしょう。芽を出すことすらなく腐るか、花を咲かせることが出来てもかろうじて少しの綿毛を纏うくらいのものです。

 

でもあなたは植物の種ではありません、人間です。

自分の足で移動することが出来ます。自分が難なく花を咲かせることののできる地域や国へ渡ることができます。土地の移動が難しければ、自作の温室を作ってその中で暮らすということや、花を咲かせる知恵を持った人を探すことも出来ます。

それが算命学で言うところの、自分に合った環境を作るということです。

 

そして、算命学は自然と一緒で残酷なので、合わない環境に居続けた個体を救うことはしないのですよ。

動かないのもあなたの選択。どうぞ腐るなり朽ち果てるなり好きなようになさいというスタンスなんです。

 

厳しいですよね、でもそれが算命学です。

でも、一回きりしかない人生、どうせなら綺麗な花を咲かせてみたいと思いませんか?

それには行動するしかないんです。

せっかく鑑定を受けても、何も行動しなかったら、ずっとそのままですよ。

pentacles.jp